子どもぐつのミニ知識

子どもぐつの正しい選び方

子どもの成長・健康に影響する「くつ」
6つのチェックポイント。

1つま先にゆとりがある。
くつのなかで、足の指が自由に動かせるゆとりがあるか調べましょう。指の運動量は多く、5~8mmの余裕があれば自由に動かすことが可能。しっかり指を動かすことは土踏まずの育成につながります。
2かかとの安定感がある。
子どもは足の骨が未発達なので、指でかかとのバランスの悪さを支えています。指だけに負担がかからないようくつ選びはかかとの周囲に弾力があり、安定しているものを選びましょう。
3柔らかすぎない素材である。
柔らかいくつイコール足に優しいくつと思われがちですが、適度の硬さは必要です。柔かなくつを履き続けると将来かかとの骨が外側に曲がってしまうこともあります。
4くつの曲がる位置を確認。
はだしで歩くと指の付け根が曲がります。くつも同様で、足と同じ場所が曲がらないと歩く度に足に負担をかけてしまいます。実際に履かせてあげてチェックするのが一番です。
5両足で試し履きをする。
足はそれぞれ左右とも大きさが微妙に違います。片足だけ履いてサイズを確かめるのではなく、両足履いてみて実際に歩かせて、違和感はないか調べましょう。
6値段やデザインよりも子どもの足に合っている。
くつの歴史が長い欧米では、子どもぐつ選びが成長を左右する事を知っているので、大人のくつよりもしっかり選んでいます。安さや、デザインではなく子どもの足に本当に合ったくつを選びましょう。

くつえらびのポイント
こちらの動画もチェック!

IFME SHOES SHOP 

子どもの未来を左右する足の発育。
そのために「くつ選び」は慎重に行いましょう。

健康な身体を作るためには、まず健全な足作りを。その第一歩として大切なのが、毎日履く「くつ」選びです。大人はもちろん、これから大事に育まなければならない子どもたちの足にとって、最大限に注意を払わなくてはなりません。扁平足や外反母趾などの障害を防ぎ、大人になって困らないようにするために、大人のくつのコピーではなく、子どもたちの足の成長を第一に考えた、正しい子どもぐつを選んでください。

鳥居先生に相談してみよう! 
早稲田大学 スポーツ科学学術院 准教授 鳥居 俊 医師

(財)日本体育協会 公認スポーツドクター
早稲田大学 スポーツ科学学術院 准教授

鳥居 俊(とりい すぐる)医師